矯正歯科,大阪,歯列,歯並び,茨木市,好田矯正歯科,治療例,症例

矯正歯科 体験File HOME MAIL
 
 
MENU
治療までの流れ
治療の基礎知識
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 下顎前突(受け口)
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 舌側矯正(裏側)
└ ミニスクリュー矯正
(インプラント)

└ 矯正装置
治療症例File
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 上顎前突(出っ歯)2
├ 上顎前突(出っ歯)3
├ 上顎前突(出っ歯)4
├ 下顎前突(受け口)
├ 下顎前突(受け口)2
├ 上下顎前突症
├ 上下顎前突症2
├ 上下顎前突症3
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 凸凹(八重歯、叢生)2
├ 凸凹(八重歯、叢生)3
└ 舌側矯正(裏側)
Q&A
掲示板
お問い合わせ
好田矯正歯科
   

矯正の基礎知識

あなたは一生を心身ともに健康ですごしたいと思いませんか?
あなたはご自分の歯を大切にするためには、良く咬める歯ならびと美しいお口元が必要です。

下顎前突(受け口)

下出ている?
下の前歯や下の唇、オトガイ部、下顎の骨格全体が前にとび出している状態を下顎前突(かがくぜんとつ)症といいます。いわゆる”受け口”です。お.口を閉じると唇がへの字になり、不満げな顔に見えてしまう場合があります。
私の治療方法では以下のものが考えられます。

1.下顎の小臼歯2本を抜いて空隙を得て、その空隙を閉鎖することで下の前歯を内側に傾斜させる。
下顎前突
2.抜歯をしないで下顎の奥歯を少しずつ後方に送ることで歯列全体を後退させることで、下の前歯を内側に傾斜させる。 下顎前突
3、外科的矯正治療と言って手術を併用し下顎の骨全体を後方に下げ、下顎の歯も同時に内側(後方)に移動させる。 下顎前突
上記の方法の選択の基準は”受け口”の程度によります。以上のことを検査の結果と患者さんのご希望とをすり合わせて治療方法を決定することになります。
治療症例Fileはこちら >>
▲ページトップへ
治療までの流れ上顎前突(出っ歯)下顎前突(受け口)凸凹(八重歯、叢生)舌側矯正(裏側)
ミニスクリュー矯正(インプラント)矯正装置上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)2上顎前突(出っ歯)3
上顎前突(出っ歯)4 下顎前突(受け口)下顎前突(受け口)2上下顎前突症上下顎前突症2 上下顎前突症3
凸凹(八重歯、叢生)凸凹(八重歯、叢生)2凸凹(八重歯、叢生)3舌側矯正(裏側)Q&A掲示板お問い合わせ