矯正歯科,大阪,歯列,歯並び,茨木市,好田矯正歯科,治療例,症例

矯正歯科 体験File HOME MAIL
 
 
MENU
治療までの流れ
治療の基礎知識
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 下顎前突(受け口)
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 舌側矯正(裏側)
└ ミニスクリュー矯正
(インプラント)

└ 矯正装置
治療症例File
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 上顎前突(出っ歯)2
├ 上顎前突(出っ歯)3
├ 上顎前突(出っ歯)4
├ 下顎前突(受け口)
├ 下顎前突(受け口)2
├ 上下顎前突症
├ 上下顎前突症2
├ 上下顎前突症3
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 凸凹(八重歯、叢生)2
├ 凸凹(八重歯、叢生)3
└ 舌側矯正(裏側)
Q&A
掲示板
お問い合わせ
好田矯正歯科
   

矯正の基礎知識

あなたは一生を心身ともに健康ですごしたいと思いませんか?
あなたはご自分の歯を大切にするためには、良く咬める歯ならびと美しいお口元が必要です。

上顎前突(出っ歯)

上の前歯や上顎の骨全体が前に突出したり、下顎が後退していたり、その両方が重なっている状態を上顎前突(じょうがくぜんとつ)症いいます。いわゆる”出っ歯”の状態です。ガミースマイルといって、笑うと上の歯ぐきが露出してしまう場合もあります。私の治療方法では以下のようにします。
1.上顎の前歯が傾斜して前突し、”出っ歯”状態を作っている場合、上顎小臼歯2本を抜いて空隙を得、その空隙を閉鎖することで上顎前歯を内側に傾斜させ、前歯の歯軸を整えます。
すると上の前歯の周囲の骨も歯と同様に後退します。 このような骨の改造を利用して、上顎の骨格全体を後退させることを治療目標とします。
上顎前突
上顎前突 2.上顎前歯の傾斜度は正常だが、鼻の下の骨の部分全体が前に出ている場合上顎小臼歯2本を抜いて空隙を得、その空隙を閉鎖することで上顎前歯の歯軸を変化させないように後方へ平行移動させます(歯体移動という)。すると鼻の下の骨の部分も前歯の歯体移動にそって歯と同様に後退します。このような骨の改造を利用して、上顎の骨格全体を後退させることを治療目標とします。
上顎前突症”無理やり閉じないと口が閉じない”という方があるはずです(上右)。とび出している歯をおおうための軟組織が足らないのです。無理やり閉じようとすると(上左)、オトガイ筋の過緊張が生じオトガイの軟組織が”梅干”状に硬くザラザラになってしまうのです。こうなるとオトガイの自然なカーブが失われ、お口元の審美性が著しく悪くなります。上顎前突症ではこのようなお口元の方が大へんに多いですね。
治療症例Fileはこちら >>
▲ページトップへ
治療までの流れ上顎前突(出っ歯)下顎前突(受け口)凸凹(八重歯、叢生)舌側矯正(裏側)
ミニスクリュー矯正(インプラント)矯正装置上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)2上顎前突(出っ歯)3
上顎前突(出っ歯)4 下顎前突(受け口)下顎前突(受け口)2上下顎前突症上下顎前突症2 上下顎前突症3
凸凹(八重歯、叢生)凸凹(八重歯、叢生)2凸凹(八重歯、叢生)3舌側矯正(裏側)Q&A掲示板お問い合わせ