矯正歯科,大阪,歯列,歯並び,茨木市,好田矯正歯科,治療例,症例

矯正歯科 体験File HOME MAIL
 
 
MENU
治療までの流れ
治療の基礎知識
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 下顎前突(受け口)
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 舌側矯正(裏側)
└ ミニスクリュー矯正
(インプラント)

└ 矯正装置
治療症例File
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 上顎前突(出っ歯)2
├ 上顎前突(出っ歯)3
├ 上顎前突(出っ歯)4
├ 下顎前突(受け口)
├ 下顎前突(受け口)2
├ 上下顎前突症
├ 上下顎前突症2
├ 上下顎前突症3
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 凸凹(八重歯、叢生)2
├ 凸凹(八重歯、叢生)3
└ 舌側矯正(裏側)
Q&A
掲示板
お問い合わせ
好田矯正歯科
   

矯正の基礎知識

矯正歯科治療の流れ

1.相談日の決定 およそ30分 電話またはメールで相談の予約時間をお決めください。
 
2.無料相談 およそ30分 無料相談まず、治療内容に反映させるために患者さんのご希望をお聞きします。
そのご希望をかなえるため治療の内容と治療期間の見通し相談しましょう。抜歯が必要かどうか、装置はどのような種類があるのかどうかを解説します。
 
3.検査 およそ30〜60分 検査口腔内検査、レントゲン検査、歯列模型検査、写真撮影、関節の診査等を行います。場合によってはCTの撮影も行います。
 
4.診断 およそ30分 診断検査結果の説明です。
詳しい治療計画を患者さんと相談し、インフォームドコンセントを行います。この場で、抜歯の決定が行われます。前もって治療すべき虫歯があれば、どのタイミングですべきかをご説明します。
 
5.装置の作製 およそ60〜90分 装置の作製矯正装置作製します。この間に抜歯もしていただきます。抜歯は1週間に1本程度が適切でしょう。しかし、一度に多数の意歯を抜くわけにはいきませんので、抜歯をしながら装置を作製します。抜歯をしない方はどんどん装置をつけてゆきます。
 
6.毎月の調整 およそ15分 月に一回程度の調節をします。 
ゆるんだ装置を締めなおしたり、ワイヤーを新しいものに交換したりします。
 
7.装置の撤去 およそ60分 おめでとうございます。 
装置をはずして歯をきれいに磨きます。歯が茶色に着色していても、元のきれいはオリジナルの歯にもどります。
 
8.保定処置 およそ15分 保定処置歯を動かないように現在の状態で維持するための処置です。 
大へん重要な内容です。 
上下ともに、取外し式の簡単な装置を使います。この間、年2〜4回程度の調節が必要です。
▲ページトップへ
治療までの流れ上顎前突(出っ歯)下顎前突(受け口)凸凹(八重歯、叢生)舌側矯正(裏側)
ミニスクリュー矯正(インプラント)矯正装置上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)2上顎前突(出っ歯)3
上顎前突(出っ歯)4 下顎前突(受け口)下顎前突(受け口)2上下顎前突症上下顎前突症2 上下顎前突症3
凸凹(八重歯、叢生)凸凹(八重歯、叢生)2凸凹(八重歯、叢生)3舌側矯正(裏側)Q&A掲示板お問い合わせ