矯正歯科,大阪,歯列,歯並び,茨木市,好田矯正歯科,治療例,症例

矯正歯科 体験File HOME MAIL
 
 
MENU
治療までの流れ
治療の基礎知識
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 下顎前突(受け口)
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 舌側矯正(裏側)
└ ミニスクリュー矯正
(インプラント)

└ 矯正装置
治療症例File
├ 上顎前突(出っ歯)
├ 上顎前突(出っ歯)2
├ 上顎前突(出っ歯)3
├ 上顎前突(出っ歯)4
├ 下顎前突(受け口)
├ 下顎前突(受け口)2
├ 上下顎前突症
├ 上下顎前突症2
├ 上下顎前突症3
├ 凸凹(八重歯、叢生)
├ 凸凹(八重歯、叢生)2
├ 凸凹(八重歯、叢生)3
└ 舌側矯正(裏側)
Q&A
掲示板
お問い合わせ
好田矯正歯科

   

矯正の基礎知識

あなたは一生を心身ともに健康ですごしたいと思いませんか?
あなたはご自分の歯を大切にするためには、良く咬める歯ならびと美しいお口元が必要です。

叢生(凸凹・叢生・八重歯・乱杭歯)

凸凹になっている?
骨の幅(大きさ)に対して歯の大きさが大きすぎる状態には歯が凸凹(でこぼこ)に並んでしまいます。この凸凹の状態を叢生(そうせい)といいます。いわゆる”らんぐい歯”です。
犬歯が八重歯に生えてしまう場合もあります。私の治療方法では以下のものが考えられます。
凸凹の状態を数値で評価して、
1) 4〜5mm以上のとき抜歯によって治療をすすめる場合が多いです。
2) 4〜5mm以下のとき 抜歯せずに歯列を拡大したり、ストリッピングといって歯のエナメル質部分をすこしづつ削り歯の幅を小さくする方法を採用します。
いずれにしても、この叢生症例は専門医にとっては見た目以上に困難ではありません。むしろ簡単な症例です。
叢生
治療症例Fileはこちら >>
▲ページトップへ
治療までの流れ上顎前突(出っ歯)下顎前突(受け口)凸凹(八重歯、叢生)舌側矯正(裏側)
ミニスクリュー矯正(インプラント)矯正装置上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)2上顎前突(出っ歯)3
上顎前突(出っ歯)4 下顎前突(受け口)下顎前突(受け口)2上下顎前突症上下顎前突症2 上下顎前突症3
凸凹(八重歯、叢生)凸凹(八重歯、叢生)2凸凹(八重歯、叢生)3舌側矯正(裏側)Q&A掲示板お問い合わせ